« 7月のdBセレクション13 | トップページ | 現代美術の美についてのメモ~館勝生展 »

2005年8月26日 (金)

大槻和浩展「May be tomorrow」

 ギャラリー島田(神戸、北野)の大槻和浩展「May be tomorrow」へ。
 絵を見るときに、空気の存在ということを思うことがある。ここでもそれを思った。対象と「私」の間には、空気がある。距離と言っていいが、ものとしては空気であって、時々絵画を見て、その空気に粒子というものが存在すること、つまり距離そのものが物質感として直接的に感じられるようなことがある。
 大槻のほとんどの作品は、大きくないキャンバスに人の顔をゴロンとばかりに描いたもので、たまたま手や足が付いていても、その顔の存在の大きさにはるか後景に引いてしまうような、そんな顔ばかり描いている。全体は靄か霧に覆われているようなというか、錆か水で腐蝕してしまったようなぼやけた感じがする。歳月を経た古い絵画であるようにも見える。
 「女」という大きな作品はこちら側を直視しているようだが、「Hopes」など多くの作品は、どこを見ているのか、何かを見ているのかどうかさえわからないように見える。複数形の希望というタイトルを持つにも関わらず、この作品の顔にはいわゆる「希望に満ち満ちた表情」は見られない。しかし、じっと見ていると徐々にこのつかみ所のない顔が愛らしいものに見えてきて、最初は目に入らなかった服の襟が案外可愛らしい丸いものだったことに気づいたりすると、これは実は少年の顔なのだろうかと思い直したりする。
 その表情、と言うより目そのものと言った方が的が絞れていい、目は、かすかに霧のようなものでぼやけているようだったり、ちょっと手が届きにくいような困難さがこちらからはあるように見えるのだが、よく見るととてもしっかりした視線を投げかけているのに驚く。写真では全くわからないが、まぶたには細くホワイトが入れられていて、顔全体がぼやけているわけではないことに改めて気づく。すると、ああ希望というのは、本当はこのような表情の中にこそ潜んでいるものなのだろうか、とさえ思わされる。
 「夜を見つめて」というのは、やはり小さな作品だが、右上のほうを見上げた人物の全身像を描いている。その眼ざしが全身の方向性となってあらわれているようで、ほしくなった。他にも青い花を描いた魅惑的な小品、家を描いた愛らしい作品などあって、どれもたいへん魅力的なのだが、個展として考えたときには、人物だけに絞った方がよかったかな、と思わないでもない。

 ギャラリーを出て、北野を西へ歩き、トアロードを越えてフーケ庵も越え、のじぎく会館の坂を下って、本のある喫茶店CORENOZへ。
 「写場写場」という雑誌は、以前ここで初めて見た。第1号のナカノカオリの「家」シリーズや第2号の藤本久美子の「赤頭巾の森」シリーズの衝撃的なヌードに驚き、同じく第2号の垣本泰美の「Little World」の柔らかさを喜んだ。第3号で終刊となることは、栄町のvivo, va book storeで手にとって知った。終刊号の門川裕子の「眠るひなた」シリーズも、大きなページに白場を大きくとって小さく写真を配していて、「あえかな」という言葉がふさわしく思えるような美しい世界だ。加賀谷千佳子の「a form of image」は血液や生命や、人間というものは液体でできていることなどを思い出させる強さがある。終刊を惜しむより、このような力のある美しいものが、たとえ3号でも世に出たことを喜びたい。

ギャラリー島田 http://www.gallery-shimada.com/
 大槻和浩展 http://www.gallery-shimada.com/otsuki_0507_exhibi.html

CORENOZ http://corenoz.client.jp/
写場写場 http://www1.odn.ne.jp/shabashaba/ 
vivo,va book store[書店]http://www.v2k.jp/special/05bookshop/003.html

垣本泰美 http://www.recruit.co.jp/GG/af/kakimoto_hiromi/main.html
加賀谷千佳子 http://kavc.or.jp/annual/98/kagaya.html

|

« 7月のdBセレクション13 | トップページ | 現代美術の美についてのメモ~館勝生展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大槻和浩展「May be tomorrow」:

« 7月のdBセレクション13 | トップページ | 現代美術の美についてのメモ~館勝生展 »