« 大巻伸嗣展ECHOES INFINITY | トップページ | 大阪センチュリー交響楽団~アジア・オーケストラ・ウィーク(1) »

2005年9月23日 (金)

House of Shiseido「セルジュ・ルタンス~夢幻の旅の記録」

 House of Shiseidoのほうでは、「セルジュ・ルタンス~夢幻の旅の記録」(2005年7月26日~9月18日)。ルタンスと資生堂の広告表現との幸福なマリアージュの、いわば回顧展である。ルタンスは、ヴォーグやクリスチャン・ディオールで活躍した後、'80から20年間同社のイメージクリエーターとして、資生堂の世界に向けたイメージ形成を担ったアーティスト。山口小夜子の耽美的なイメージなど、ちょうどぼくたちの世代にとっては、懐しい映像やオブジェが集められていた。
 このような形で改めて多くの「作品」を見てみると、未来派、ピカビア、ドローネー、ピカソやフォーヴを通じたアフリカン・アート、部分的にはキュビスムといったスタイルに酷似していることがわかる。このことについて、ある種の前衛表現的な要素が広告表現として受容されるまでに、どれほどの歳月や思潮の盛衰が必要とされるのかということも考えさせられる。もちろん、時間が経ったからといって、すべての前衛が広告表現になりうるのかというと、そうではあるまい。
 ただ、ルタンスの「作品」が、美術作品としても価値が高かったとしても、広告表現として成立するための表面性や装飾性や大衆性も持ち合わせていたということもまた確かなことだろう。会場で上映されていたショートフィルム「Suaire:聖骸布」を観ても、聖像などを舐めるように撮しながら、宗教性はおろか美そのものにも移入することなく、情緒的な昂揚のために、音楽も光も奉仕させられていたように思う。それはどのような美的なものであれ、宗教的法悦であれ、それを情緒や鋭敏な感覚として受容するということであるように思われた。
 すると、未来派の中にも物事の表層を滑走しながら生理的快感に還元していくような性格があったのだということが再確認できたりする。なるほど、速度や新しさ、都市のエネルギーを讃美した未来派には、どうしたって表面性、ファッション性と隣接して快楽を追求していく気味があっただろう。おそらくそれが、その主唱者マリネッティが容易にファシズムに迎合してしまった一因であっただろう。
 ルタンスの作品の中に、ナチズムの意匠を思い出させるようなものがあることについても、それがただ美意識や全体性の快感において肯定されるべきものであったというナイーフさの表われとして、まずはむしろなぜぼくたちが(?)軍服だとか兵器だとかにデザインや質感のレベルで魅力を感じるのかを考える糸口だと考えた方がいいのだろうか。先日もあるデザイナーが警備保障会社の制服をデザインしたという記事を新聞で見たが、制服、特に権力を行使するための制服とファッションデザインの間に、魅力という点においてどのような通路があるのだろうか。
 「流行通信」1989年1月号特集「Art Style」は、バブル末期という時代を反映して、ファッションとアートの関わりについての、美しくもゴージャスな一冊であるが、現代美術を中心とした評論家の東野芳明と、佐賀町エギジビットスペースの小池一子との対談が面白い。ここで小池は、1920年代のファッションの大胆さについてふれ、ピカソなどのアフリカ彫刻からのインスピレーションがあると指摘している。それについての東野の「一種の植民地主義とも関わりがある」という発言をふまえ、小池は以下のように述べていく。

  1920年代にシャネルが地下鉄に乗って勤めに行く人のために私は服を作る、という
 こと を言ってますね。'30年代っていうのは割合ドレスっぽいドレスというのかしら、街
 の中で着る服としては綺麗な服が多かったけれど、活動的な服の原点というのはや
 はり'20年代のインベンションにあると思いますね。ところが機能性という部分に観点
 を移すと、ある意味で機能的な服というのはやはり戦争の時に極まるんだと思うんで
 す。制服の世界が意味するものは好きではないけれど、極まった美しさみたいなも
 のはありますよね。

 この後、軍服の話になり、東野が「安部公房さんだったかな、ナチスの軍服とアメリカのGI服を比べて、ナチスの軍服はある制度の極限であるとおっしゃってた」と披露したりしている。
 ぼくたち(?)が美的であると感じるものの一つには確実に、統一感とか一体感といった要素が含まれている。同じ格好をした多くの人間が同じ動作を一糸乱れず行うことを、美しいと思うような感覚のことだ。そのような感覚については、あるいは美術史に例を求めるよりも、建築やファッションの歴史を当たった方がよいのかもしれないが、デザインというものは本来的に、最終的には唯一性を志向する美というものと、大量生産を志向する効率性という二律背反を持っている。ルタンスの芸術行為が、資生堂の宣伝美術やパッケージデザインやパフュームのボトルデザインに結実するだけでなく、その製品コンセプト自体に深く関わっていくのは、現代の分業制に抵抗した美術作品としてのアプローチの産物だといえるだろう。
 また、シルク・ド・ソレイユなどのフランスの現代サーカスの視覚表現にも通底しているし、実際に舞台美術としてそのまま生かすことができるようにも思える。それは、彼が最終的に表現として定着させる一枚の写真に、物語や時間がこめられているように見えるからだろう。彼にとって、最終的に一枚の写真となった作品は、彼のすべての活動や現実や思想の微分されたベクトルのようなものであったように思う。それでは彼にとってこの現実はどのようなものだったのか。彼自身という存在は美に向かって奉仕し透過する媒介体のようなものであって、その実体は決して明らかにされない謎そのものなのだろう。

セルジュ・ルタンス http://www.shiseido.co.jp/sprs/htmlversion/lutens.htm

|

« 大巻伸嗣展ECHOES INFINITY | トップページ | 大阪センチュリー交響楽団~アジア・オーケストラ・ウィーク(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: House of Shiseido「セルジュ・ルタンス~夢幻の旅の記録」:

« 大巻伸嗣展ECHOES INFINITY | トップページ | 大阪センチュリー交響楽団~アジア・オーケストラ・ウィーク(1) »