« いよいよ明日「ダンスの時間」12 | トップページ | 「10年後の既視感」、とりあえず完結 »

2006年6月16日 (金)

次の宝塚アカデミア

 サヨナラ続きの『宝塚アカデミア』(青弓社)ですが、次号は皆さんの予想通り、「サヨナラ和央・花總」。

 両方書かせてもらってます。「永遠の少年性~和央ようかの魅力」、「「花總まり」は走っていた~がむしゃらなタイトルロール」。

 そのほかに、公演評でエンカレッジ星、ベルばらオスカル編(雪)、Young Bloods!!月・花・星、新人公演評ベルばらオスカル編(雪)、連載「スポットが消えたあとで」は「宝塚の「女」~「エンカレッジコンサート」と花總まり」

 8本か…本当はもっと書くつもりだったんですが、息切れしました。

|

« いよいよ明日「ダンスの時間」12 | トップページ | 「10年後の既視感」、とりあえず完結 »

コメント

こんにちは、はじめまして

毎回アカデミア楽しく拝見させていただいてます。
知り合いにアカデミアで執筆方がいらっしゃるにですが、その方が「日記にコメントしてあげたら?」と私に助言してくれたので、恐れ多くもコメントしてみました。

次のアカデミアも発売日に買わせていただきます。

投稿: キメ | 2006年6月28日 (水) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次の宝塚アカデミア:

« いよいよ明日「ダンスの時間」12 | トップページ | 「10年後の既視感」、とりあえず完結 »