« 「竹のガムラン<ジェゴグ>スアール・アグン」8月9日 | トップページ | 「陶芸の現在、そして未来へ」兵庫陶芸美術館 8月22日 »

2006年8月27日 (日)

「ダンスの時間」13の詳細

ダンスの時間13の詳細が決まっていますので、遅くなりましたが。

 主催=ダンスの時間実行委員会 共催=京都の暑い夏事務局

A公演
9月3日13:00,18:30

¥2500(当日¥3000)

出演=吾妻琳、片上守、サイトウマコト、ダンスカンパニー・ディニオス、Monochrome Circus、森美香代

「ダンスの時間」のいわば常連メンバーによる公演です。久しぶりの吾妻さんは、今年dB公演も経て、ノリノリ。片上さんも濃密で色濃い世界を創ってくれると楽しみです。ディニオスは、いつもすばらしいテクニックと美しさ、そして明確な世界観を提示してくれて、ダンスというものの表現可能な世界の深さを認識させてくれます(写真は9回公演から)。Monochrome Circusは、先日京都芸術センターで発表した新作「きざはし」を再演の予定。サイトウさんも前回の作品を再演の予定です。森さんは昨年の作品を改訂してさらに濃密に仕上げ、美しくもたおやかな表現を楽しませてくれることでしょう。

Dsc06603

B公演
9月2日19:00、3日16:00

¥1500

出演=市川まや、今村達紀、近藤和光、竹原信也、森岡恵子

6月に京都芸術センターで行われたサンチャゴ・センペレ氏のワークショップに参加したメンバーによる公演です。WSのショーイングを経て、7月末にはロクソドンタでワークインプログレスを実施。メンバーの相互批評、Monochrome Circusの坂本・森やサイトウ、上念のコメントを受け、さらに時間の経過をへて、どんな表現にブラッシュアップしているかが楽しみです。

チケットのネット予約は、http://www.thekio.co.jp/danceticket.htm

会場=ロクソドンタブラック JR天王寺駅南へ徒歩5分。地下鉄阿倍野1番出口から南へ徒歩1分。

Loxomap
くわしいアクセスは、http://www.thekio.co.jp/loxodonta/acces.htm

|

« 「竹のガムラン<ジェゴグ>スアール・アグン」8月9日 | トップページ | 「陶芸の現在、そして未来へ」兵庫陶芸美術館 8月22日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンスの時間」13の詳細:

« 「竹のガムラン<ジェゴグ>スアール・アグン」8月9日 | トップページ | 「陶芸の現在、そして未来へ」兵庫陶芸美術館 8月22日 »