« ダンスの時間14ラインアップ | トップページ | 今年のルミナリエ »

2006年12月14日 (木)

『宝塚アカデミア』事実上休刊

 青弓社から刊行して、10年、28号になる『宝塚アカデミア』だが、12月初旬に出た28号によると、「営業上の理由から…いったん休止して、今後のあり方を検討することにしました」ということで、まあこれは事実上の休刊でしょうね。

 担当の編集の方からは、編集体制を見直したいと聞いてはいましたが、ちょっとニュアンスが違うので、開けてびっくりだったわけです。

 niftyserveの「すみれ組」に時々投稿していたのを、目に留めてくださった方が、男性ライターがほしいのでということで誘ってくださり、2号に寄稿、星組の『エリザベート』のことでした。それがどうも評判がよかったらしく、連載にしなさいといういうことで、その後1回だけ抜けたのかな、その連載「スポットが消えたあとで」も26回で終了ということになるのでしょうか。

 青弓社へのご意見は、↓から。

http://www.seikyusha.co.jp/dokusha/index.html

 公然と当時の理事長を批判する特集を組んで、宝塚大劇場などに置いてもらえなくなったのは、営業上はきつかったんじゃないかな。

 一冊でも買ってやろうじゃないか、という奇特な方は、ぜひどうぞ↓。

http://www.seikyusha.co.jp/mokuroku/idx_genre_takaraduka.html

 ぼくの書いた最近のものは、下のブログにアップしています。

http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/jonen-shozo/

 昔からのものは、↓。

http://homepage3.nifty.com/kansai-dnp/takaraduka.htm

|

« ダンスの時間14ラインアップ | トップページ | 今年のルミナリエ »

コメント

腕時計の買取で迷ったら|時計買取.biz 定番のヴィンテージモデルにGMT機能を搭載させた1本です。
ライバル店が多ければ多いほど、よほどの商品でない限り客を取られないために高額査定せざるをえないのだ。
地域の特徴や自分に合った売り方を選んで、ベル&ロスの高額査定につなげましょう。
ベル&ロスの査定の際にぜひお持ちいただきたいのは、購入時に同封されていた保証書や明細書。
保証書(ギャランティ)、ワランティ等の付属品は購入されたお品物を証明する付属品である為、保証書等の付属品がそろっていると査定額UPに繋がります。
箱などの外装から、説明書、保証書(ギャランティ)などが挙げられるが、この中でも、保証書は重要で、保証書が無い場合は買取を拒否される場合もあるので、必ず揃えておこう。
裏蓋はシースルー仕様で、機械式ムーブメントを鑑賞することが可能です。
ブルーの色使いは眩い日差しの下でビーチファッションにセンス良く馴染み、300m防水性能がハードなマリンアクティビティの使用にも応える。
右下部分には日付カレンダーも配置しており、シンプルな見た目に相反して多彩な機能を搭載していることがうかがえます。
販売店としての口コミ評判は多く見つかりましたので、以下織り交ぜて一部ご紹介します。
そこで ベル&ロス の時計を売る場所としてお勧めするのは、わたしどものような時計買取専門店です。
独創的なコレクションで時計業界に革命をもたらすフランスブランド、ベル&ロス(Bell & Ross)。
また、初めて見る人もその独創的なデザインに目を奪われることでしょう。
ベル&ロスを代表する「BR」シリーズは、見る人が見れば一発でその価値がわかります。

誕生日プレゼント https://www.yutee007.com/protype/list-165.html

投稿: 誕生日プレゼント | 2020年6月30日 (火) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『宝塚アカデミア』事実上休刊:

« ダンスの時間14ラインアップ | トップページ | 今年のルミナリエ »