« ダンスの時間special 【earthen bodies 陶製の身体】 | トップページ | 冨倉崇嗣の絵画 »

2007年1月29日 (月)

劇団態変「ラ・パルティーダ -出発 '06 」

本当のギター~ラ・パルティーダからの響き
    (「イマージュ」38号、2007年冬号に寄稿)

 ぼくたちは一体何を観たのだろうか。奇妙な格好をした人たちがたくさんあらわれた。すてきな音楽が流れていた。あれはもう数ヶ月も前、公園に建てられたテントの中。ずいぶんと風が強くてテントはパタパタと鳴って、その中のたくさんの人が、終わると熱い拍手をした。
 歌は声として、響きとして届いてきた。言葉の意味ではなく、身体の震えが音に、空気の震えとなって、こちらに届いたときにはぼくの身体のどこかを震わせていた。言葉の意味がわからないことで、ぼくらは歌の震えのもつ思いを、直接受け止めようとした。
 歌が直接に空気の響きとして心臓の鼓動を早めたように、舞台の上の人たちの存在そのものが、ぼくの存在を揺るがせる。生きている、生き続けているということの難しさと尊さが直接に伝わり、問われるようで。

  お前の持っているギターは、働き者のギターかい?
  お前はギターを、ぎりぎりのところでかき鳴らしているのかい?

 「細民」というのは、本当はもっと意味を帯びた言葉ではあるのだろうけれど、ここでは日々を細々と営々とつましく暮らしてきた民のことを言うと思ってほしい。そんな言葉を使いたいのだ。かっこよくもなく、英雄的でもなく、いや別に太っていてもいいのだけれど、細民と呼ばれるのが最もふさわしいような人々が、さほど悪いことをせず、やっと生きていけるだけの暮らしをしのぎ、その中からやっと雨露を防ぐだけの、家とも呼べぬような囲いをつくることができたとしよう。それがいかにどれほど大変なことであったかということを、本当の意味で目に見せるためには、舞台の上の人たちの身体が、いかにふさわしく、神々しかったことか! 

  一つずつの塚を、一人ずつきずくことが、
  すぐに希望につながるとは、言えないけれど

 だからそれが一瞬のうちに破壊されたときの衝撃といったら、他人事ではなかったのだ。強いもの、大きなもの、権力の暴力というのは、こういうふうに行使されるのか、という事実を、とても正確な形で見ることができた。そのために、舞台の上の人たちの身体は、まことに適切であった。
 麿赤児が、舞踏というのは、ということは、芸術というものはと言ってもいいだろうが、地点Aと地点Bの最短距離をとらないものだ、と語っていた。細民の暮らしはきっと、たとえば木っ端を壁のように建てようと思っていても、すぐにはそのことに向かうことができず(だって、今夕の飯を何とかしなければならなくて)、別のことをせざるを得なくて、中断している間に、木っ端が薪になってしまったり、誰かに取られたり。傍目には、何をしているのかわからない。
 舞踏も、何をしているのか、どこへ行こうとしているのか、ちょっと見ただけではわからないが、最後には「ああそうだったのか」と思わせる。よく見ることとは、それを想像して、共感することではないか。

  ぼくたちは誰かの運命について、
  本当に伴走者になれるのだろうか?

 だからここに再現された世界には、それがビクトルと呼ばれる者だかどうかは後で知ることになってもよいのだけれど、誰かと共に生きることで、誰かと共に死ぬことになってしまった人が、あらわれてしまった。その最果ての荒野のことなど、知らないし知ろうとしたこともなかった者にも、その荒野にきずかれた木っ端の囲いが、それをきずくために費やされた歳月や労力と共に立ち現れて見え、それらが一瞬のうちに…消えたのではない。あったものが壊され潰されたということは、消えたりなくなったりしたのではなく、何ものかによって壊され潰されてあり続けるということなのだ、ということが、はっきりと見えた。今もそれは見え続けている。
 だからここからは、降ってきたビラに記されていた教育基本法のことや障害者自立支援法のことが、違和感なく陸続きに考えられることができそうだ。それによって壊され潰されるもの、ではなく、人が、現実に目の前に見えたからだ。そしてその存在が、他ならずぼく自身と陸続きであることがわかるからだ。あの一瞬で壊され潰されたことが、他ならず自分自身の痛みであり、しかも、あろうことか、それが何度も繰り返されるのだ。この、世界では。
 ぼくの好きなシーンは、福森さんと井上さんが酒場で何だか楽しげにお喋りをしているところだ。こういう、ささやかで、平凡かもしれないし、そのさなかには当たり前の日常であるようなくつろぎや喜びを大切にしてくれるのが、本当のヒロイズムであるとも思う。

  一杯の、グラッパでも焼酎でもなんでもいいのだが、
  忘れるためでも笑うためでもいいのだが、
  すべての雨を集めても足りないほどの
  悲しみの涙でも笑いの涙でもいいのだが。

於・大阪・扇町公園NGR雷魚テント

2006年9月21~23日

http://www.asahi-net.or.jp/~TJ2M-SNJY/past-pf/partida06.htm

|

« ダンスの時間special 【earthen bodies 陶製の身体】 | トップページ | 冨倉崇嗣の絵画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団態変「ラ・パルティーダ -出発 '06 」:

« ダンスの時間special 【earthen bodies 陶製の身体】 | トップページ | 冨倉崇嗣の絵画 »