« 冨倉崇嗣の絵画 | トップページ | アンサンブル・ゾネ「光と風と灰と山」 »

2007年2月12日 (月)

アンサンブル・ゾネ 「Light,Wind,Ash and Mountain」

岡登志子さんを中心とするアンサンブル・ゾネ、神戸公演は明日までですが、素晴らしいです。

本当に説明しにくいのですが、まず動きに余計な形容詞がなくて、動詞だけで連ねられていること。

一つ一つの動きが、前後の動きと非常に強い関連を持たされていること、それがダンサー、特に岡さんの動きには明瞭に見て取れること。

動詞的な動きが強調されているためだろうと思われるが、動くことが、外界を切り裂き抗うことであることが、明確に意識されていること。だから、動くことの貴重さ、稀少性がはっきりと伝わってくる。空気の重さ、闇の重さ。

照明が、光の方向性を明確に示してくれて、作品を非常に明快にしてくれていること。

結果的にというべきか、ぼくは中盤から、名状しがたい悲しみに襲われて、居ても立ってもいられないような気分になってしまっていた。その悲しみに関しては、ぼくは言葉を持たない。ぼくが存在してきたこの歳月のすべての澱をかき出されるような、そんな徹底的な悲しみであった。初めての体験だった。

神戸公演 神戸アートビレッジセンター
     2007年2月11日(日) 19:00 / 12日(月祝) 15:00開演

東京
公演 シアターX(カイ)
     2007年2月23日(金) 19:30 / 24日(土) 14:00開演

名古屋
公演 愛知県芸術劇場小ホール
     2007年2月25日(日) 19:00開演 

http://www.ne.jp/asahi/ensemble/sonne/

|

« 冨倉崇嗣の絵画 | トップページ | アンサンブル・ゾネ「光と風と灰と山」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンサンブル・ゾネ 「Light,Wind,Ash and Mountain」:

« 冨倉崇嗣の絵画 | トップページ | アンサンブル・ゾネ「光と風と灰と山」 »