« アンサンブル・ゾネ「光と風と灰と山」 | トップページ | 「三寒四温」中村浩一郎・山田七菜子展 »

2007年3月 8日 (木)

関直子橋本梨香展

関直子橋本梨香展(~3月3日 ギャラリー白3)
 二人の名前の間にスペースも「・」もないことから知れるように、一つの空間や作品を二人が共同で作っている。
 壁の大きな立体を創ったのは関で、床には関のドローイング。立体の壁の角を挟んで、街頭の映像がプロジェクターで映されているが、それは橋本の作品。この3点が一つのインスタレーション作品として成立しているのが、本展のおそらくは中心となる展示。
  これには、力強い生命感のある縄文的な立体造型と、特に主題を持たず街の雑踏を映し続けている映像の対照がテーマだといえるだろう。そして、床に敷かれたドローイングは何枚もの紙を並べたものだが、小さな作品を拡大したもので、線のズレやブレ、荒れが面白く、その上をナイロンの半透明のシートが覆っていて、そこには会期中ライブペインティングの形でどんどん描かれていくという。
 また、壁に掛けられた小品は、映像のワンシーンのプリントと、数センチ浮かせて般若のような顔のドローイングを重ねたもの。都市の焦点の定まらない日常の雑踏を、神のような人格をもった情念的な存在が封じ込めているような物語にも読むことができる。ぼやけたプリントとはっきりしたドローイングの対照も鮮やかだ。
 重層性と同時に、覆っている/覆われているということが、重要な概念であると思われた。もちろん二人の作家の共同作品なのがだから、重層するのは当然なのだが、一つの空間の中にはっきりと層が重ねられているのが面白い。また、一人の作家が一人で重層性を生み出すのではなく、二人の共同作業で、他者に侵犯したりされたりすることを前提として制作しているのも興味深い。
 床面がライブペインティングで描かれていくということにも明らかなように、侵犯し増殖していくのは、平面や立体の美術ということである以上に、行為という日常から直結する営みそのものであるように思われた。

http://www.ne.jp/asahi/gallery/haku/(画面を右にスクロールして、GALLERY HAKU 3ARCHIVESから)

ビューティーローズ200粒...

希望小売価格:¥20,000 ⇒ 販売価格:¥9,998

【ポイント】●飲むアロマですので、体の中からほのかなバラの香りが漂ってきます☆●高品質のローズオイルをたっぷ...

|

« アンサンブル・ゾネ「光と風と灰と山」 | トップページ | 「三寒四温」中村浩一郎・山田七菜子展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関直子橋本梨香展:

« アンサンブル・ゾネ「光と風と灰と山」 | トップページ | 「三寒四温」中村浩一郎・山田七菜子展 »