« 「三寒四温」中村浩一郎・山田七菜子展 | トップページ | 猪原秀彦展 Oギャラリーeyes »

2007年3月30日 (金)

北岡利浩展 TOSHIRO KITAOKA WORKS

北岡利浩展 TOSHIRO KITAOKA WORKS-ハルマチ-(~3月3日、ギャラリーH.O.T)

 ギャラリーの方が説明してくれたのでよくわかったのだが、菊の葉、腐葉土、珊瑚、薔薇の枝、松葉を素材とした、それぞれB1大のタブロー5点というのが一つの流れ。あとの2点は鉄パイプの枠にブランコ、窓枠、の工作物。発想の面白さはもちろんだが、職人的な手数(てかず)と時間、そして手数と時間を支える執念のようなものが感じられる展示であった。
 ハルマチというタイトルは、古びた窓枠の上に気づかれないかも知れないほどの小さな桜の花びらが一枚配されているところから来ているのだろう(桜が散った花びらなら「春待ち」ではあるまいという野暮なツッコミはちょっと置いておこう)。ほんのかすかに春が感じられるというところが、ハルマチである。この古びた窓枠は、どこかの古家から適当に外してきたのではなく、新しい材木やねじ鍵を1年ほど屋外にさらして、わざと古いもののようにし、組み立てたものだということである。ついでに、窓はガラスではなくアクリル板。
 金属の彫刻でもよく行われることだが、古い廃材を使ったり、薬や雨にさらしてわざと古いもののようにすることは、作品の中に時間を導入するということだ。わび・さびの美学を借りるまでもなく、日常的な感覚に照らし合わせても、わりとわかりやすい。この北岡の作業では、薬や熱を使わず、歳月で古錆びた表面を作ったということだから、作品の中にその歳月が組み込まれている。屋外にさらして自然の風化に任せたところが、彼の作品に対する態度-誠実さという以上に、何か覚悟のようなもの-を如実に示しているといえよう。
 実はそれと同様な、愚直なまでの徹底が、他の作品にも通じている。手仕事、手数、対象の特性の凝視、それらが徹底的に行われた結果、作品は工芸作品のような緻密な美しさをもち、数百、あるいは千と重ねられた菊の葉はレース状になって、向こう側に別の世界がある扉のような深い存在感をもったし、腐葉土や珊瑚は深みのある量感をもち、棘をもった薔薇の枝は魅惑的な曲線を形づくった。
 作品の中に、目に見えないものを封じ込めるためには、目には見えない作業を積み重ねる必要があるのだと思わせた、印象的な営みであった。

http://galleryhot.com/index.html

|

« 「三寒四温」中村浩一郎・山田七菜子展 | トップページ | 猪原秀彦展 Oギャラリーeyes »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北岡利浩展 TOSHIRO KITAOKA WORKS:

« 「三寒四温」中村浩一郎・山田七菜子展 | トップページ | 猪原秀彦展 Oギャラリーeyes »