« 不自由な身体とはいえ | トップページ | ハイディ・S.ダーニング「Yurari(ゆらり)」 »

2007年12月25日 (火)

レプコフ氏レクチャーの詳細

「ダンスの時間」18Lepkoff氏ショーイング&レクチャーの概要が送られてきましたので、お知らせします。
ワークショップもまだ空きがありますので、お申込受付中です。

Daniel Lepkoff によるレクチャー&ショーイング

内容:
* コンタクト・インプロビゼーションのルーツとリリース・テクニック
* フィジカル・ダイアローグ
* 日常の動きに着目したインプロビゼーション・パフォーマンス

紹介予定アーティスト:
 スティーブ・パクストン、リサ・ネルソン、ダニエル・レプコフ、その他。

     1月14日(月・祝)19:00
         前売・当日共¥1000(ワークショップ参加者は無料)
         会場・申込:LOXODONTA BLACK
     ネット予約=http://kionet.ocnk.net/

ワークショップは、以下のとおりです。

1月10日(木)~13日(日)
      10・11日=18:30~21:00、12・13日=13:30~17:30
      (原則として、4日間通しでご参加下さい)
      会場・申込:LOXODONTA BLACK
      対象:ダンスや演劇など、身体を使った表現を行なっている方
      参加費:¥6,000(通し) (1日¥2,000)
      定員:20名(先着。通し参加の方優先)

TEL=06-6629-1118(ロクソドンタブラック)

|

« 不自由な身体とはいえ | トップページ | ハイディ・S.ダーニング「Yurari(ゆらり)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レプコフ氏レクチャーの詳細:

« 不自由な身体とはいえ | トップページ | ハイディ・S.ダーニング「Yurari(ゆらり)」 »