« 突撃金魚『金色カノジョに桃の虫』 | トップページ | ブロードウェイミュージカルレビュー「TRIP OF LOVE」 »

2008年3月28日 (金)

必見! 小野寺修二×いいむろなおき「XとYのフーガ」

・3月28日、29日(14時、18時)、30日(14時)
・神戸アートビレッジセンター(各線新開地駅、東口から南へ徒歩5分)
・当日3500円(学生2500円)

 マイム作家二人の競作。
 これが、すばらしく面白かった!

 どちらも何となくミステリー仕立てな感じで、わくわくドキドキするつくりになっている。

 出演するダンサー陣に期待して行ったのだが、それはそれで満足できるパフォーマンスだったが、いいむろの赤星マサノリ、小野寺の坂口修一と、いわゆる演劇人が各作品の主役格になっていて、その二人がすばらしかった。

 まず赤星の身体を見たときは、先入観のせいか何かセリフを語りそうな気がしたのだが、あっという間に寡黙であって饒舌な身体であることを理解させてくれた。役者にとってこれらの振付は、物語に沿ったものであっただけに、理解はしやすく、出力に関しても赤星の身体は雄弁であり、必要以上のことは語らなかった。
 山根千佳(TAKE IT EASY!)と足立七瀬(BEA Glide)のデュエットも見ごたえがあった。足立は今回はセーラー服ではなく(笑)、スカートのゆったりしたワンピース、ボーイッシュな印象のある山根が花柄刺繍のブラウスで、そのあたりも面白かったのだが、コンビネーションといいタイミングの取り方といい、いいアンサンブルになっていた。

 小野寺作品は、先月東京で『空白に落ちた男』を観ていたこともあり、非常に楽しみにしていたが、予想以上にスピードとスリルとエンタテインメント性のある、贅沢なもの。
 次の展開が予測できないわけではないのだが、ものすごく驚かされる、といえばいいのか。同じシーンがリワインドされ、また繰り返されるのかなと思っていて、実際そのとおり繰り返されるのだが、それでも驚いてしまうというのは、とても不思議なことだと思う。知っているのにびっくりする、というのは、つまりパフォーマンスのレベルが、尋常ではないということだ。
 超ロングラン公演を行っている坂口の表情が、寡黙でありながら豊かなことを、心底楽しむことができた。身体のキレも、実にすばらしい。
 唯一の女性である藤田桃子(ももこん)のクールで強い存在感には、惚れ惚れする。
 セレノグラフィカの阿比留修一には、ダンス的な見せ場もきっちり与えられ、あっと驚くロケットのような勢いある動きも見せられ、さすがに納得させられた。

 喜ばしいことにKAVC公演では稀なことに、満員の客席。ダンス、演劇関係者や評論家も多く、『空白に落ちた男』のメインダンサーまで来場していたのはすばらしいと思った。当日券があるかどうかわからないが、ぜひ観てほしい公演。

■【ハロウィン・コスチューム】コスプレ衣装フランケン・マイム

|

« 突撃金魚『金色カノジョに桃の虫』 | トップページ | ブロードウェイミュージカルレビュー「TRIP OF LOVE」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 必見! 小野寺修二×いいむろなおき「XとYのフーガ」:

« 突撃金魚『金色カノジョに桃の虫』 | トップページ | ブロードウェイミュージカルレビュー「TRIP OF LOVE」 »