« ブロードウェイミュージカルレビュー「TRIP OF LOVE」 | トップページ | ダンスの時間19 中山陽子 »

2008年4月11日 (金)

「ダンスの時間19」もうすぐです!

2002年から始まった「ダンスの時間」、月末に第19回目を迎えます。

小空間で間近に身体を全身で受け止めることができる格好の機会です。ぜひお誘いあわせの上、多数ご来場ください。

4月26日(土)
16:00
 垣尾 優 CRUSTACEA 佐藤 健大郎 中山 陽子
19:00
 垣尾 優 CRUSTACEA 佐藤 健大郎 中山 陽子 レティシア・セキト

4月27日(日) 
14:00
 0九 花岡 純代 松本 芽紅見 山本 裕子
17:00
 0九 花岡 純代 松本 芽紅見 山本 裕子 レティシア・セキト

◆於:LOXODONTA BLACK(大阪市営地下鉄阿倍野駅からすぐ。JR環状線天王寺駅から南へ徒歩約5分)
◆予約・問合せ:Tel=06-6629-1118
◆料金:前売¥2,500 当日¥2,800 
◆各回50名限定(予約優先)
◆開場は開演の30分前

垣尾優が、吉原治良(よしはら・じろう)賞記念アートプロジェクト大賞を受賞しました。2006年から3年がかりで実施された、なかなか例のない長期的なアートプロジェクト。コンタクト・インプロビゼーションの試みからスタートし、「殴り合い」から「痛みの哲学、接触の技法」をめぐって、ぎりぎりの地点で世界との接点を模索したことが評価されたようです。「パフォーマンスの世界に新たな可能性を切り開いた姿勢の強靭さと、インプロビゼーションの内に社会と個人との関係を捉えようとする思索の鋭さを評価」したと、建畠晢(国立国際美術館館長)は講評しています。
ぼくたちの仲間から、世界の可能性を切り開く行為が生まれてきたことを、ひじょうにうれしく思います。

ぼくたちが関わり続けているダンスというものが、あるジャンルという枠の中でしか成立せず、評価されないものなら、それはさびしいことです。この小さな空間で、様々なものが崩れたり壊れたり、侵食しあったり揺らいだり、そんな危うさを見ていけたらと思っています。

CRUSTACEAは、前回かなり意識的に古っぽい音楽を使って、やや時代遅れな緊張感を出そうとしていたようでした。遠くへ疾走していた彼女たちが、丁寧に時間と速度を回収しながら、またその速度を急速に上げていっているのが見られるでしょう。
佐藤健大郎は、前回はgraggioのメンバーとして出てくれた、アローダンスコミュニケーション所属のダンサー。今回は自作初登場。長身で魅力的な身体を存分に使って、大きな世界を見せてくれるのではないでしょうか。
松本芽紅見は、強さと柔らかさを併せ持った、しなやかなバネが魅力的なダンサーです。アローダンスコミュニケーションに所属し、BISCOなどにも客演して大きな存在感を見せていますが、ソロ作品でも情緒と深みのある世界を提示します。
花岡純代は、THEATER BLUME(テアターブルーメ)として活動する、豊かなキャリアをもったダンサーです。前回は構成の非常にはっきりした強い世界を提示してくれましたが、今回は異なる世界を出してくれるとのことで、楽しみです。
山本裕子は、バレエダンサーとしてクラシックのレパートリーはもちろん、コンテンポラリー作品にも積極的に取り組んでいます。今回は、サイトウマコト作品の再演。バレエの魅力、再演の魅力、と「ダンスの時間」の魅力を満喫していただけると思います。
0九(ぜろきゅう)は、関係性の困難や絶望を感じさせる、ドラマティックで強い求心性のある世界を提示します。まだ活動歴は短いですが、昨夏720アワード@pamoでグランプリを受賞し、乗っています。
中山陽子の魅力の一つに、豊かな表情があげられるのではないでしょうか。モダンジャズをベースに、渡米を繰り返して研鑽を積みながら、様々なカンパニーに客演もし、オリジナルな世界を創り上げています。やっと出てくれることになりました!
Leticia Sekitoは、1975年、サンパウロ(ブラジル)生まれのダンサー、振付家。初来日です。リスボンのCentro em Movimentoに学び、2004年から日本財団の文化助成を受け、助成対象のソロ作品「彼らは私は日本人だったと言った」で2007年PAC賞を受賞しています。今回の来日は日本人ブラジル移住100周年記念行事に招待されたもの。5月下旬まで京都に滞在の予定です。

◆ブラジル NO.2 ブルボン 200g-Brazil NO.2 Bourbon 200g-¥500!

|

« ブロードウェイミュージカルレビュー「TRIP OF LOVE」 | トップページ | ダンスの時間19 中山陽子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンスの時間19」もうすぐです!:

« ブロードウェイミュージカルレビュー「TRIP OF LOVE」 | トップページ | ダンスの時間19 中山陽子 »