« 「ダンスの時間」レビュー Summer Festival 2008 第3週(1)  | トップページ | 上映会(タンツダンス1@兵庫県立美術館)当日パンフ »

2008年11月25日 (火)

ダンスのビデオ上映会(於・兵庫県立美術館)

 唐突ですが、「タンツ ダンス1」と称して、兵庫県立美術館でダンスのビデオを上映することになりました。興味をお持ちの方は、入場無料でもあり、お誘い合わせの上お越しください。

 「ダンスの時間」等でおなじみのメンバーに加え、大学生、そして神戸女学院大学で指導に当たっておられる島崎徹氏が登場。一層バラエティ豊かになります。

 コーディネーター:上念省三
 於・兵庫県立美術館 ミュージアムホール / 無料

兵庫県立美術館
〒651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号[HAT神戸内]
TEL:078(262)0901
e-mail:museum_@artm.pref.hyogo.jp
阪神岩屋駅から 徒歩約 8分
JR灘駅南口から 徒歩約10分
阪急電鉄王子公園西口から 徒歩約20分

【プログラム】

★20日★

■10:30 お話 ダンスと美術1(上念省三)
●10:45 近畿大学 舞台芸術専攻学生作品
      天理大学 創作ダンス部作品    お話:塚本順子(天理大学)他
●12:00 サイトウマコト他「陶製の身体」
 映像・音楽(赤松正行+IAMAS-DSP/MIRAGEチーム)、ダンス(サイトウマコト、森美香代、ヤザキタケシ、安川晶子)のミクスドメディア作品。2007年1月18日、兵庫県立芸術文化センター小ホール
●13:10 ヤザキタケシ他「Weightless Days」お話:ヤザキタケシ
 ダンス(ヤザキタケシ、松本芽紅見)、グラフィックアート(Angela Detanico & Rafael Lain、ブラジル)、サウンドアート(Dennis McNulty、アイルランド)による、白と黒を基調としたミクスドメディア作品。
 上演:2007年9月1日、black chamber(NAMURA ART MEETING vol.02。大阪)。2008年11月7・8日、第28回サンパウロ・ビエンナーレ(ブラジル)
●14:40 サイトウマコト振付バレエ作品 お話:サイトウマコト
●15:30 神戸女学院大学舞踊コース学生作品+島崎徹振付作品 お話:島崎徹

★21日★

■10:30 お話 ダンスと美術2(上念) 
●10:45 森美香代「ASITA」 
 2008年4月12・13日、AI・HALL アイホール(伊丹)
■11:30 講演:樋口ヒロユキ「身体と美術」
●12:50 関典子「GIACOMETTI MANIA」 お話:関典子
 2006年9月3日、兵庫県立美術館・企画展示室前階段
●14:10 「ダンスの時間」上演作品から
 2008年サマーフェスティバル公演を中心に。撮影は羽衣国際大学放送芸術文化学科学生。
●15:10 セレノグラフィカ「それをすると」 お話:隅地茉歩
 2008年11月初旬、オーストラリア、パースのARTRAGE Festival 2008 "Dyuetto"で上演
●16:30 Monochrome Circus「旅の道連れ」 お話:小寺麻子
 2007年3月滋賀会館で初演。今回の映像は、公演のドキュメントの特別版

|

« 「ダンスの時間」レビュー Summer Festival 2008 第3週(1)  | トップページ | 上映会(タンツダンス1@兵庫県立美術館)当日パンフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100532/43218133

この記事へのトラックバック一覧です: ダンスのビデオ上映会(於・兵庫県立美術館):

« 「ダンスの時間」レビュー Summer Festival 2008 第3週(1)  | トップページ | 上映会(タンツダンス1@兵庫県立美術館)当日パンフ »