« 上品芸術演劇団「あたしと名乗るこの私」---うーちゃんとくまさんのお芝居談義 | トップページ | baghdad cafe「キセキのこどもと私の飛ぶ空」---うーちゃんとくまさんのお芝居談義 »

2009年3月22日 (日)

浪花グランドロマン「初版 熱海殺人事件」---うーちゃんとくまさんのお芝居談義

■浪花グランドロマン「初版 熱海殺人事件」

う それから、浪花グランドロマンの女優4人の「初版 熱海殺人事件」(作=つかこうへい、演出=たまご☆マン。3月2日、船場ユシェット座、大阪)を観たよ。女優さんみんなが上手で達者なわけじゃなかったかもしれないけど、お芝居が進むにつれてものすごい熱を帯びてきて、終わってみたらすごく感動的で見ごたえのある公演だったぁ、ということになったのは、やっぱりつかこうへいの力、つかさんの台本が劇の力を引き出すのかな、と改めて思った。

く 大昔に観たのは、平田満と三浦洋一だったな…東京の大学に進学して、東京で初めて観たお芝居で、本当に度肝を抜かれたという記憶があります。

う 本当に大昔です。

く うるさい!

う 特に片桐婦警(細原愛美)が後半で大山容疑者(めり)の恋人役になって、大山を詰りかきくどくあたりは、すごくテンションが上がって、迫真でした。

く 今の若い人たちに、このお芝居がどんなふうに受け取られるのか興味がわくのと同時に、当時ぼくたちはどんなふうに観てたんだろうと、ちょっと不思議に思い返しちゃうね。ただただ迫力に圧倒されてたともいえるし、都会と田舎、標準語と方言、中央と周縁、警察への揶揄、歌謡曲の力…みたいに今となっては手垢にまみれた問題をいくらでも拾って来れるバイブルみたいな見方をしてた人もいたんだろうけど、このお芝居の中で繰り広げられている「痛さ」みたいなものが、何だかちょっとやさしいもののように思えるのは、ノスタルジーかな。

う 今のお芝居の「痛さ」のほうが、もっと容赦ないんじゃないかってこと? 去年宝塚で「蒲田行進曲」を下敷きにした「銀ちゃんの恋」の再演を観たときに思ったんだけど、殴り合っても傷つけあっても、それが愛情の表現だ、裏返しであっても、っていう前提は、絶対あるよね。

く 自分への苛立ちが相手に出ちゃってる、ってことも含めてね。あんまり一般論にしたらつまんないけど、一方的な痛めつけとか、ゲーム感覚の暴力ってことはなかったでしょ。

う だから「熱海殺人事件」がまるでメルヘンみたいに思えるのかもしれないね。

く みんなで大山を立派な犯人に、この出来事を立派な殺人事件に仕上げていこうという目的があって、そこにいたるサクセスストーリーだから。いくらそれが変な目的でも、はっきりとしていて、そこに周りを巻き込んでいけるんだから。

う そういうことなのかもしれないね。ぼくはいくつもある改訂版を観てないからわからないけど、どういうふうになってるのかも、ちょっと興味がわいてくるね。

く 観ない方がいいかもしれないけどね。

浪花グランドロマン=http://www.ngr.jp/

■【DVD】熱海殺人事件/仲代達矢

|

« 上品芸術演劇団「あたしと名乗るこの私」---うーちゃんとくまさんのお芝居談義 | トップページ | baghdad cafe「キセキのこどもと私の飛ぶ空」---うーちゃんとくまさんのお芝居談義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浪花グランドロマン「初版 熱海殺人事件」---うーちゃんとくまさんのお芝居談義:

« 上品芸術演劇団「あたしと名乗るこの私」---うーちゃんとくまさんのお芝居談義 | トップページ | baghdad cafe「キセキのこどもと私の飛ぶ空」---うーちゃんとくまさんのお芝居談義 »