« 存在のフロントを開く(「IMAJU」47号掲載) | トップページ | 大学生等対象ダンスワークショップ(ダンスの時間) »

2010年7月13日 (火)

ダンスの時間<<大学生版>>2010 参加団体募集

「ダンスの時間<<大学生版>>2010
参加団体募集

<公演について>

名 称 「ダンスの時間大学生版2010

日 時 2010 12 23 ()26 )、5 公演予定

会 場 ロクソドンタブラック大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45 地下鉄阿倍野駅すぐ

上演回数 一団体あたり2

上演時間 一団体あたり20 分程度一公演34 団体出場

参加費 不要。黒字場合は、若干額制作補助費として配分する場合がある。

諸経費 出演作品制作する諸経費参加のための交通費宿泊費は、参加者自己負担とする

・ノルマ  なし(チケットバック

舞台リハーサル 12 21 ごろから、各団体23 時間程度実施する。出演初日にも若干のリハーサルを行う

舞台面 5 ×3 間程度、そで

音響照明 当方用意するが、団体指定によるオペレーションも

装置等 舞台転換はおよそ3 分程度まる範囲にとどめる。ショーケース形式公演のため、前後出演者影響える舞台装置等けること

・その 終演後、ポストパフォーマンストークを実施することがある。順位付けや授賞は行わない。大阪市舞台制作支援事業申請中

<参加団体の募集について>

下記要領にて、必要書類等提出すること。

募集対象 現役大学生または大学院生構成振付出演い、創造性独自性のある、身体表現とした舞台作品個人団体わない

提出書類 所定応募用紙下記サイトからダウンロードして作成過去上演作品やリハーサルの映像原則としてDVD一般的家庭用DVD プレイヤーで再生できるもの)とに、下記送付のこと。

sheet2010.doc Wordファイル)
sheet2010.pdf
PDFファイル)

応募締切 2010 9 18 必着。宅配便、ゆうパックによる送付のみ受付

選考方法 提出書類映像資料に、ダンスの時間プロジェクトのメンバーを中心とした選考グループで、創造性独自性技術総合的勘案して、810団体程度選出する。

結果発表 10 月上旬までに、応募者全員通知する。

  送付先:〒658-0083
 神戸市東灘区魚崎中町3-4-9 タピロ企画内 ダンスの時間プロジェクト
  電話:078-413-3708

<その他>

公募による以外に、大学舞踊担当教員からの推薦づいて出演者決定する場合がある

会場見学は、下記ワークショップ当日のほか、会場いていればえる場合がある

会場設備詳細図面等は、下記サイトを参照のこと

http://www.thekio.co.jp/loxodonta/

<会場見学を兼ねたワークショップ>

日時 8 24 )、25 13:3017:30

内容

□ ダンスワークショップ(3 時間程度講師24 吾妻琳25 白井麻子

□ レクチャー(1 時間程度講師上念省三両日

参加者 現役大学生大学院生大学舞踊経験した、卒業後3 年以内者。作品を
 応募しない者の参加も歓迎

定員 各回20 人程度

参加費 2 日間2500 1 1500

○講師プロフィール

吾妻  金沢美術工芸大学在学中に、舞踏家山本萌師事'91 P.S.Mode」、'93 天游館」を設立ジャンルのアーティストとコラボレーションをう。舞踏によってわれ、都会生活している身体から、ダンスを詩的表現することを目指す。'05 年横浜ダンスコレクションR 群舞部門本選出場のほか、「日韓ダンスコンタクト」「りにくぜ!!」に参加

白井麻子 中高ダンスて、大学大学院でダンスをぶ。'00 KAPPA-TE」(河童手)を設立。‘03から文化庁研修員として2 年間ロンドンに滞在帰国後は、身体作品主体であり、媒体であるということをモットーに、積極的作品発表振付コンペティションc.o.n.t.est08(エストニア)1 受賞するほか、「りにくぜ!!」「ダンスがたい」に参加。’09 より関西拠点す。

上念省三 ダンスの時間プロジェクト代表舞踊評論神戸学院大学(「芸術享受論実習」)、近畿大学(「舞台芸術論」)非常勤講師京都芸術センター運営委員。「イマージュ」、「dance+」に公演評寄稿

<問合せ先>

ダンスの時間プロジェクト 上念省三 (名前をクリックすると、メールソフトが開きます)

|

« 存在のフロントを開く(「IMAJU」47号掲載) | トップページ | 大学生等対象ダンスワークショップ(ダンスの時間) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンスの時間<<大学生版>>2010 参加団体募集:

« 存在のフロントを開く(「IMAJU」47号掲載) | トップページ | 大学生等対象ダンスワークショップ(ダンスの時間) »