« ダンスの時間大学生版2012 | トップページ | 「草間彌生 永遠の永遠の永遠」(国立国際美術館) »

2012年2月23日 (木)

評象の会(4)ノイマイヤー版バレエ『マタイ受難曲』に読むイエスの半生

ノイマイヤー版バレエ

 マタイ受難曲 読むイエスの半生

1980年に初演された、ジョン・ノイマイヤー振付・構成、ハンブルク・バレエ団の『マタイ受難曲』。J.S.バッハの3時間半にも及ぶ名曲の全編を40名余のダンサーが踊ります。
 受難曲のテクストを参照しながら、2005年、バーデン・バーデン祝祭劇場でのライブ映像をピックアップして観ていきます(演奏は1980年の録音)。
 
聖書やダンスについての特別な知識は必要ありません。もしお手許に聖書(新約聖書)がありましたら、ご持参下さい。 

3月18日(日)13:15~16:45

東灘区民センター小ホール(阪神・六甲ライナー魚崎駅から北西へ徒歩4分)

参加費:500円 

(資料の準備等の都合上、できれば事前にご予約下さい)

お申込・お問合せ:上念 jonen-shozo@nifty.com

Hyozo3and4jpg

|

« ダンスの時間大学生版2012 | トップページ | 「草間彌生 永遠の永遠の永遠」(国立国際美術館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 評象の会(4)ノイマイヤー版バレエ『マタイ受難曲』に読むイエスの半生:

« ダンスの時間大学生版2012 | トップページ | 「草間彌生 永遠の永遠の永遠」(国立国際美術館) »