« ダンスの時間38もうすぐ開催 | トップページ | さなぎダンス#3 »

2013年1月27日 (日)

「ベルサイユのばらーオスカルとアンドレ編」

 宝塚大劇場「ベルサイユのばらーオスカルとアンドレ編」。明日海さんのオスカル、
龍さんのアンドレという配役で。実は月組メンバーだけでのベルばらは、初めて。つ
まり、美弥ベルナール、珠城ジェローデルなども、初めて。 

 明日海さんは、ちょっとせりふを噛んだりはありましたが、凛々しく美しく、いいオスカルでし
た。龍さんのオスカルが、随所で女らしさを見せているのに対し、あまりそういうことをせずに
突っ走ったような感じです。しかし、パリ前夜、そしてペガサスでは、柔らかなしなだれかかる
姿を見せ、その時の色香には、ぞくっとしました。 

 龍さんのアンドレは、とてもよく似合っているようでした。包容力、男気、凛々しさが素晴ら
しい。常に肩を張って緊張している様は、オスカルの生き方そのもののようです。
 ただ、流れに乗ってくると、ということなのか、セリフの最初の音を長く伸ばすのは、癖なの
でしょうか、少し気になります。 

 オスカルが衛兵隊で悪口雑言を浴びせられる場面、アンドレの目が見えないことをアラン
に明かされ激昂し、他の隊員になじられる場面が、これまでの公演に比べて不愉快でなか
ったのは、まずアランの星条海斗の激しく前のめりな恨みや怒りの感情にリアリティがあっ
たからでしょう。これほどのアランであると、そもそも彼がオスカルに反発し罷免さえ要求し
たのは、オスカルを衛兵隊で厳しい戦場に行かせるのを防ごうとしたのではなかったのか
などと、あらぬ物語さえ作ってしまいます。
  アンドレに対しても、目の不自由さを暴露することで、彼の危険を防ごうとしたのだし、そ
の屈折が悲しみを誘います。

 憎まれ役を一手に引き受けたのが、ブイエ将軍の越乃リュウ。彼女にこの役のいやらし
さに対する躊躇や嫌気が少しでもあったら、この舞台は濁った不愉快なもので終わったで
しょう。役を越えて、フランスの権威、旧体制そのものとして聳え立つことをした、彼女の胆
力に感服です。

 フィナーレは、愛希れいか、美弥るりかの銀橋、明日海の扱いも含め、バランスのよいキ
ャスティングだったと思います。 ボレロでは、女役の龍もなかなか魅力的ではありましたが、
やはり男役の龍と女役の明日海というカップリングは、見目麗しく、背徳的な危うさも感じら
れ、息もあっているようで、官能的で濃密な時間でした。

 全体には、時間の都合もあったのかどうか、繰り返しが少なくあっさりしたことが複数あり
ました。子ども時代のオスカルとアンドレの剣の手合わせの場面、アンドレの目が見えない
ことがわかった衛兵隊士たちがアンドレに声で指示を出す場面などです。

 しかし、何かもっと根本的に、これまでのベルばらのしつこいエグミのようなものが抜け落
ちたように思います。それが一体何だったのか、なかなか言い当てることができないのです
が、セリフのスピードが上がり、セリフ回しがフラットになっているように思っています。ナチ
ュラルになっているというか、様式性よりリアリティを重んじるようになっているというか。おそ
らくこれまで、過剰に絡みついていたものが、削ぎ落とされているのだと思います。

 ところが、「ベルサイユのばら大全」などというダイジェストで見る限りですが、実は初演の
ベルばらは、二本立てだったこともあるのでしょうが、実にスピーディです。いつからか、ベ
ルばらは、過剰な抑揚や大げさなふりをつけた、もったいぶった作品になってしまったので
はなかったか。そんなことを思わせる、新版でした。

 この、いわば軽量化したベルばらを、物足りなく思う人もいるかもしれません。でもぼくは、
この変貌は、観客の想像力を十分発揮させ、舞台芸術としての完成度を高めるために、必
要なことだったと思います。そこに新しく演出に加わった鈴木圭がどれほど寄与したか、前
任が谷正純だったことを重ね合わせると、想像できようというものです。
 
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/310/index.shtml 





|

« ダンスの時間38もうすぐ開催 | トップページ | さなぎダンス#3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ベルサイユのばらーオスカルとアンドレ編」:

« ダンスの時間38もうすぐ開催 | トップページ | さなぎダンス#3 »