« ダンスの時間 アクースマティック・コンサート『豊饒の海』 | トップページ | さなぎダンス#4 »

2013年3月15日 (金)

「豊饒の海」について(追加)

「豊饒の海」は、作曲家の檜垣智也による、曼荼羅に代表

される密教の世界観と美意識を踏まえた60分超の大曲。

これを檜垣自ら二十数個のスピーカーで再生し、うねるよ

うな音場をつくり出します。
その音と、押し押され、隙間をぬい、乗り、…どのように

でしょうか、戯れ戯れられる身体を置くのが、振付の高野

裕子、ダンサーは高野と同窓の女性4人です。

ベースとしている世界の捉え方が、存在と非在の境い目を凝視した果てに曖昧なものとみなしていくものだと思いますが、音の波にたゆたいながら、音と沈黙、動きと静止、彼岸と此岸、可視と不可視、生と死などの対立項が不分明になるような経験をお贈りできれば、と祈っています。

祈りといいましたが、祈るような気持ちでお届けする今回の公演です。祈りの一つのはたらきに、分かれたり壊れたりしたものを結びつけるということがあるのではないかと思います。

折しも当日は、お彼岸。一昨年のこの時期から起き続けているいくつものかなしみやつらさや憤り、主にかなしみに、音や身体がどのように寄り添うのかと考えたとき、まずは、ここに一つの世界を提出することの畏れを乗り越えて立つことと、思いつきました。ダンスすることとは、身体をさらすというのっぴきならなさに向き合うことでしょうから、それを乗り越えた果てとしてのその時でありましょう。

実はおそらく、ロクソドンタブラックでのダンスの時間は、これでしばらくお休みとなります。場所や形を変えて、どのようにか、またダンスをお届けしますので、どうぞ楽しみにお待ちください。そのことへの思いも込めて、どうぞお越しくださいますよう、お待ちしております。


ダンスの時間40 / 大阪市助成公演
アクースマティック・ダンスコンサート【豊饒の海】

2013年3月20日(水・祝) 14:00・17:30
前売2500円・当日3000円(25歳以下各500円割引。要証明書)

会場:ロクソドンタブラック(大阪・阿倍野)

音楽・アクースモニウム演奏:檜垣智也
演出・振付:高野裕子
ダンス:天羽美帆 新井るか 稲津佑美 鳥山恵里香
各回にポストパフォーマンストークを予定しています。
ゲスト=14:00 古後奈緒子氏(舞踊研究・批評)、17:30 川崎弘二氏(音楽評論)
お問合せ・ご予約:shzjnn(at)gmail.com 上念⇦(at)を@に変えて送信してください。

|

« ダンスの時間 アクースマティック・コンサート『豊饒の海』 | トップページ | さなぎダンス#4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「豊饒の海」について(追加):

« ダンスの時間 アクースマティック・コンサート『豊饒の海』 | トップページ | さなぎダンス#4 »