« 2014年4月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月26日 (月)

「ベンセレモスって何ですか?」

 「サイトウマコトの世界~ベンセレモス フレンテ・ダンス・ジュエルズ#3」のチケット前売が始まりました。  今回は、定員が階段状の客席を使った通常の276人ではなく、約半分ぐらいになります。  というのも、通常の舞台を使うのではなく、階段状の客席を出さずに、その床側にアクティング・エリアを作って、舞台側から観ていただくという設営になるからです。 というわけで、どうぞお早めにご予約、お買い求めください。  チケットは、フレンテホール、西宮市民会館、なるお文化ホールで販売。また、斉藤ダンス工房へお申込みください(06-6858-5288)。 http://event.nishinomiya-style.jp/archives/ai1ec_event/venceremos?instance_id  また、時々お尋ねいただくのですが、「ベンセレモスって何ですか?」  はい、1971年に作曲された、チリの革命歌です。「われらは勝利する」という意味だそうです。  「サンチャゴに雨が降る」という映画の中で、ビクトル・ハラ(チリのシンガー・ソングライター。1973年に軍によって殺害された)と思しき男が、兵士に殴られながらもこの歌を歌い続ける、というシーンがあるそうです。 http://movie.walkerplus.com/mv11507/  ダンスは、そのシーンを再現したり、直接的なメッセージを訴えたりするものではありませんが、その激烈さ、ある種の昂まりのようなものを追求するものではないかと思います。  どうぞご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

フレンテホールで、『ベンセレモス~サイトウマコトの世界』

またまたダンス公演のお知らせです。

■ V e n c e r e m o s ■
■ ベ ン セ レ モ ス ■
■サイトウマコトの世界■
■フレンテ・ダンス・ジュエルズ#3■

新しいダンスの世界を紹介する『フレンテ・ダンス・ジュエルズ』。今回は、ジャズダンスやバレエをベースとした切れ味の鋭い振付、生と死の狭間を行き来する特異な世界観に基づく濃密な作品構成で定評のある、サイトウマコトのダンス作品をお送りします。1990年初演の群舞『Venceremos』をはじめ、ソロ、デュオ作品など、よりすぐりのダンサーによる、きらめくような身体の輝きをお楽しみください。

日時:2015年3月12日(木)19:30、13日(金)14:00開演 (開場は30分前)...
 上演時間:1時間45分程度
 ※13日(金)14:00公演終了後、振付家インタビューを行います。
   お話:サイトウマコト、司会:上念省三

会場:西宮市フレンテホール(JR西宮駅南口すぐ、フレンテ西宮5階)

構成・振付:サイトウマコト
出演:北原真紀 斉藤綾子 佐々木麻帆 関典子 田近千晶 長尾奈美 中津文花
  針間恭子 増田律夢 宮崎安奈 吉見英里、ほか

Vencere_omote
前売 一般3000円、シニア・ユース・障がい者2700円、友の会2400円
当日 一般3500円、シニア・ユース・障がい者3200円、友の会2800円
チケット取扱:フレンテホール、西宮市民会館、なるお文化ホール、フレンテ西宮1階サービスカウンター

お問合せ:(公財)西宮市文化振興財団 総務課0798-33-3113、
フレンテホール0798-32-8660、斉藤ダンス工房06-6858-5288 ms@pop01.odn.ne.jp

主催:フレンテホール指定管理者(公財)西宮市文化振興財団、
西宮都市管理株式会社 後援:神戸新聞社 協力:ダンスの時間プロジェクト
Vencere_ura


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

さなぎダンス#6

出演 : 足一、 斉藤綾子 植木智 + 下村雅哉 ( 劇団態変 )

 

日時 2015/ 1/31 19:30, 2/1 13:30, 17:00  

    開場は 30 分前

 

一般 前売 2000 / 当日 2200

障がい者及び介助者 / 25 歳以下 1500

定員各回 30 名とフレンドリーな会場です 、お早めにご予約ください

 

会場 メタモルホール ( JR 東淀川駅   徒歩 3 )

   大阪市東淀川区西淡路 1-15-15

 Tel/Fax : 06- 6320- 0344

障害を持つ身体と障害を持たない身体という区分けが、意味なく思えてくるなぁ、あるいは、舞踏の創始者である 土方巽が、 十全でない身体、病 や老いの身体 希求したところ に舞踏 はじまりを 置いたことが腑に落ちるな ぁ、と思える人がたくさん出てきてしまうのが、劇団態変の公演であり さなぎダンス」 という、これはまた小規模ではありますが、いわゆるダンサーの身体と、態変的身体と が姸を競う、野心的なダンス公演であります。 3 ヶ月ほど先ではありますが、今日の思いをあたためながら、態変の拠点でもある メタモルホールに 足を運んでいただけたなら、動くとやら動かないとやら、いろんなことをまた考えていただけることと思います。お待ちしています 。( 上念

 

ご予約 劇団態変 06-6320-0344

      Email:taihen.japan@gmail.com

お問合せ ダンスの時間プロジェクト 上念

  jonen-shozo@nifty.com

Saitoa1


Tas


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2014年4月 | トップページ | 2015年2月 »