« 越島はぐ展-『ビブリア古書堂の事件手帖』装画 | トップページ | KArC秋企画 第一弾 元タカラジェンヌによる【Our Precious Days】 »

2016年3月19日 (土)

神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻第7期生卒業制作作品集 ソロ・リサイタル

2015年7月11日
 
出演:佐々木微香、小谷有輝、藤森美貴子、金愛珠、池主雅夕、岡庸子、佐藤絢音、杉田亜祐美、 川原美夢
 
神戸女学院大学エミリー・ブラウン館Aスタジオ  
 
Solore
 
 島﨑徹教授が指導している舞踊専攻の卒業制作だが、島﨑氏は個々の創作についてタッチしていないようだ。終演後島﨑氏が、感に堪えない表情で、「みんなすごいでしょう、いつこんなの身につけたんだろうね。ぼくの仕事なくなっちゃうよ」と言っておられたのが印象的だった。
 
 もちろんもともとのバレエ団やダンススタジオで、また非常勤の砂連尾理さんや鞍掛綾子さんらからも、創作ということを学んできているのだろうが、島﨑氏が授業の中で、彼女たちの前で創作の過程をさらけ出すように試行錯誤しながら時間を創っていくのを目の当たりにして、多くのことを学び取っているに違いない。
 
 佐々木微香「planet box」は、本人のソロ。恵まれた容姿をきっちりと見せ、期待されるよりも少しクールに抑制的にまとめたあたりが、佐々木らしいところか。力のこもった入り方、歩き方のニュアンスに瑞々しいシズル感があり、フォルムの美しさ、動きの粘り、目力の強さが印象に残る。終わり方が少し唐突だったのと、照明にもう少し変化、メリハリがあればもっとドラマティックで強い印象が残ったのではないか。
 
 小谷有輝「HaRu」は、同学年の岡、本人と、下級生の村林楽穂、辻田萌子、目黒真帆が出演。日常的な軽い感じの始まりから、ゆるやかなユニゾンとなり、女子の日記やそれに付いたコメントのような、ちょっと古風なモノローグ的な印象。小谷が中央に立っての後半の動きも、なかなかよかった。軽やかな笑顔の魅力がうまく引き出されていて、気持ちのいい作品だった。
 
 藤森美貴子「Harriet Lies」は、まず指の細かい動きが印象的で、観客の視線を一点に集中させることに成功した。シリアスな空気の流れる作品の中で、かすかな笑顔や、腕を身体の芯に引きつける強い意思を感じさせる動きや、全身をガクガクと落としていく感情の振幅を表わす強い表現が印象的で、強い表現力を持ったダンサーになっていたようだ。そういう表現ができる身体を生かして、やや黒めのトーンにきっちりとまとめた、とてもいい作品だった。
 
 金愛珠のソロ「W face」は、大きな打楽器の音から非常にいいテンポに始まり、仮面をつけた上での強い動きが印象的だった。鬼か物怪を思わせる民族的なテーマかと思われ、仮面によって何ものかに成る/戻るという変異があるかと思われたが、そこへ展開するには及ばなかったようだ。おそらく、音やリズムから創っていった作品ではないかと思うが、その意味では非常によく音の流れや刻みをつかんでいたと思う。
 
 池主雅夕のソロ「Bloom where God has planted you」は、優雅で美しい姿と動きで、音をきっちりと捉えて、音の区切りでの身体のキックが強さを与えて印象的な作品。タイトルはおそらくシスター渡辺の「置かれた場所で咲きなさい」からだろう。欲をいえば、動きを収める時の抗うようなキレ、最後の最後にもう一押しの強さのようなものがほしいと思ったのだが、そこを押さないところが池主の上品さなのかもしれない。
 
 岡庸子「あ、うん」は、下級生の市村麻衣、加藤美央とのトリオ。市村と加藤がオフバランス気味の自由な動きをとる中へ、シャツが投げ込まれて、岡もダイブしてくる。コンテンポラリーらしい始まりで、岡のダンサーとして、享受者としての様々な経験が実っているように思えた。続くユニゾンでは、チーム島﨑らしい、音楽に乗った重心の低いきれいな動きを見せた。3人という最小限でのフォーメーションの工夫、3人の個別性の描き分けがよくできていたと思う。市村と加藤がほぼ無表情で終始したのに対し、岡に表情があったのは、コントラストかもしれないが、どうだったのだろう。
 
 佐藤絢音の「Regulus」は、下級生の奥西れいとのデュエット。バッハの無伴奏チェロのリミックス(The Piano GuysのおそらくThe Cello Song)に乗って、アクティングエリアを大きく小さく自在に伸縮させ、多くの動きの要素を詰め込んで、豊かな多様性と同時にまとまりのある作品になった。2人のダンサーのアンバランス(身長差等)もあって、並ぶだけでズレが生じるというのもいい選択で、2人のコンタクトも爽快だった。希望と喜びに満ちた作品で、見終えて気持ちよかった。タイトルは獅子座の一等星。
 
 杉田亜祐美「星降る夜」は、同期の金、佐々木、小谷と杉田によるもので、4人が客席に背を向けてユニゾンからカノンに入って始まり、ポジショニングも動きもとてもきれいだった。美しさと同時にとてもクールな面があって、作品の温度や湿度をきちんと踏まえられているように思えた。これはなかなか難しいことだ。4人の個々のフォルム、動きの美しさを的確に引き出しつつ、自身の世界観をきっちりと打ち出せた作品だったと思う。
 
 川原美夢のソロ「Atomatitoo」は、無音の中、胡坐でこぶしを叩いたり床を叩いたりして、やんちゃなコンテンポラリーらしいいい始まりだと思っていると、いきなりブラームスのハンガリー舞曲が入った。音にあわせてずんずん進めていくのだが、少しコミカルな動きをしたり、コケティッシュな表情になったりと、次の展開が読めないところが面白い。突然笑い出し、ゴリラのように歩く。破調のある動きをどんどん繰り出していくのだが、それによって作品としてバラバラになっていくのではなく、自然に求心的にまとまっていくのがいい。破綻や逸脱ということをよくわかった上で、それらを包み込む大きさを持てているということだろう。数年間の彼女の集大成的な作品だった。
 

|

« 越島はぐ展-『ビブリア古書堂の事件手帖』装画 | トップページ | KArC秋企画 第一弾 元タカラジェンヌによる【Our Precious Days】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻第7期生卒業制作作品集 ソロ・リサイタル:

« 越島はぐ展-『ビブリア古書堂の事件手帖』装画 | トップページ | KArC秋企画 第一弾 元タカラジェンヌによる【Our Precious Days】 »