« 宝塚歌劇団星組「大海賊」「Amour それは…」  | トップページ | 神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻第7期生卒業制作作品集 ソロ・リサイタル »

2016年3月19日 (土)

越島はぐ展-『ビブリア古書堂の事件手帖』装画

2015年7月11日

宝塚大学ギャラリーTRI-ANGLE
Hagu

 宝塚大学構内のギャラリーで、卒業生のイラストレーター越島はぐの個展。第15回電撃イラスト大賞部門銀賞を『先輩とぼく』(著:沖田雅)で受賞。
 
 造形芸術学部の募集停止が発表された直後の展示だったので、内心複雑だったが、開学して30年近く、多くの優れた卒業生を輩出してきたのだなと、感慨がある。越島さん本人も在廊して現地制作をしながら、在学生と話したりしていて、縦のつながりをうらやましく思いもした。
 
 こういう分野には全く詳しくないので、ただの素朴な感想だが、北鎌倉の古書店、対人関係の苦手な若い店主という雰囲気が色調や線にとてもよく出ているように思えて、魅力的な世界を構築していると思った。古書店のにおい、空気感が、漂ってきそうな絵になっている。

 店主で探偵役の篠川栞子が主要なテーマになっていたが、Wikipediaにも書かれているように、内向的だが古書の知識は豊か、黒髪の美人で、黒縁のめがねをかけていて、細身の巨乳という、典型的な萌えキャラ(なんだろうと思うのだが)。
 
 おそらく越島さんの美点は、一枚の中に、古風な清楚さと、柔らかな官能性を、絶妙なバランスで同居させていることなのだろう。そのバランス感覚については、若干の物足りなさを感じないでもないが、そうでなければイラストレーションという世界では難しいのだろう。しかし、逆にその柔らかな不満から来る焦燥感が、萌え死ぬような熱い思いを掻き立てるのかもしれない。
 
 造形芸術学部の在学生が、勇気づけられ、ファイトを燃やしてくれていたら、いいのだが。
 

|

« 宝塚歌劇団星組「大海賊」「Amour それは…」  | トップページ | 神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻第7期生卒業制作作品集 ソロ・リサイタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越島はぐ展-『ビブリア古書堂の事件手帖』装画:

« 宝塚歌劇団星組「大海賊」「Amour それは…」  | トップページ | 神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻第7期生卒業制作作品集 ソロ・リサイタル »