« 音と旅する~超名曲コンサートvol.4 | トップページ | 今さらですが、2017年回顧アンケート »

2020年2月19日 (水)

Act26号について

国際演劇評論家協会 日本センター 関西支部が発行する演劇評論誌「Act」のウェブ版が公開されました。 

https://aictact2018.wixsite.com/act26

■特別寄稿
【往復書簡】ダンスの詩学 対話篇1~4
 中島那奈子・ボヴェ太郎
【書評】中島那奈子・外山紀久子編著『老いと踊り』を読む
 池内靖子

■評論・時評
 □ レーマン『ポストドラマ演劇』、中国と日本
​ 瀬戸 宏
 □ 2019年の宝塚大劇場公演を振り返る
 小竹 哲

■公演評
◇cross × review
 mimacul「さよならあかるい尾骶骨」
  《からだ》が《わたし》にもたらす被害 ネツヤマ
   無限のあわいへ 三田村啓示
◇review
 □ デモと身体 PlaTEdgE『aw-thentic declaration』
 竹田真理
 □ 新たな舞踊言語の開拓を きたまり/KIKIKIKIKIKI マーラー交響曲第二番『復活』
 竹田真理
 □ ダンスで辿る女性芸能者の系譜 余越保子『shuffleyamamba』
​ 竹田真理
 □ 「ケソン工業団地」から考える 「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019」グループ展『ケソン工業団地』
​ 坂本秀夫
 □ わからないことしか書けないと開き直って akakilike『明日で全部が終わるから今までにした最悪なことの話をしようランド』
​​ 上念省三
 □ テクストをめぐる不自由 『神の子どもたちはみな踊る after the quake 』
​ 藤城孝輔
 □ 令和元年の伊藤野枝 『美しきものの伝説』から『ブルーストッキングの女たち』へ 
 瀧尻浩士
 □ 野外劇場の余白の風 野生『能』2019:火魔我蹉鬼(Kama-gasaki)、洲波羅(Suhara)、富久破裸(Fukuhara)
​ 岡田登貴

■その他の記事
 □ 誰かを舞台に連れていく(1) 『ギアーGEAR-』をハウスクエストのSさん(40代男性)と観る
 坂本秀夫
 □ パフォーミング・アーティスト フルカワトシマサの死
 上念省三

|

« 音と旅する~超名曲コンサートvol.4 | トップページ | 今さらですが、2017年回顧アンケート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音と旅する~超名曲コンサートvol.4 | トップページ | 今さらですが、2017年回顧アンケート »